MENU

消費者金融比較!ランキングナビ

目次

 

消費者金融女性社員の画像

消費者金融を比較する場合、個人差があります。例えば、今日その日に審査を終わらせて即日融資したい人と、できるだけ金利を抑えたい人とは比較する対象が変わります。このサイトでは目的別に消費者金融を比較しました。それぞれのおすすめする金融機関が変わってますから、選ぶ際に注意してください。

 

 

■金利の低い大手消費者金融ランキング
1位 オリックスVIPローンカード借入利率3.5%〜14.8%(実質年率)
2位 プロミス 借入利率4.5%〜17.8%(実質年率)
3位 アイフル 借入利率4.5%〜18.0%(実質年率)
4位 アコム 借入利率4.7〜18.0%(実質年率)
5位 モビット 借入利率4.8%〜18.0%(実質年率)

 

■金利の低い銀行ローンランキング(100万円以下の場合)
1位 オリックス銀行カードローン 借入利率3.0%〜17.8%(実質年率)
2位 新生銀行レイク 借入利率4.5%〜18.0%(実質年率)
3位 楽天銀行スーパーローン 借入利率4.9〜14.5%(実質年率)

 

ランキングはこれだけじゃない。
その他、即日融資に対応した消費者金融ランキングや限度額を比較した消費者金融ランキング、主婦に向けた消費者金融ランキングのページも参考にしてください。

 

■まずは消費者金融を比較してみる
消費者金融と聞くとたくさん会社もありますし、あまり良いイメージを持っていない方もたくさんいると思いますが、消費者金融の中でも比較してみると個人の利用状況によって合う合わないはあるので、一度色々な会社を比較して方キャッシングなど利用する必要があると思います。

 

やはり一番比較して欲しいポイントは個人的には利息がどれくらいなのかということですね。お金を借りるのであれば効率的に返済プランをたてなるたけ利息もかからない方がお得ですよね。30日間で返済できるのであれば無利息でキャッシングができるところもあります。計画的な返済ができるのであれば1ヶ月以内に返済することで本当はかかる利息も削られるので余計な出費もなくキャッシングすることができますね。

 

ほかには返済シミュレーションも簡単にでき、来店不要で即日融資してもらえる消費者金融もたくさんあります。インターネット申し込みで契約までできるので来店する必要もなく24時間申し込みできます。ほかにも比較するポイントはたくさんあるとおもいますが、以前までの消費者金融の良くないイメージもいまでは法律の制限もあり契約以上の利息がかかったりすることもないですし、万が一滞納してしまった場合も正しい方法がとられ催促などされる形になってるので、最近では消費者金融は身近な存在になっているようです。

指す_mark女性画像

お金を借りる際の重要ポイントは金利です。お金を借りる時に金利がかかるのは仕方がないですが、できれば金利が低い金融機関を選んで申し込みをしたいと思います。ただ、金利が低い金融機関ほど審査が厳しく、融資を受けられる可能性が低いという問題があります。となると、多少金利が高くても審査に通過できる金融機関を選ばなくてはなりません。お金を借りる際の重要ポイントは金利ですが、融資が受けられないことには根本的に意味がありませんので、こればかりは仕方がないことです。ただ、金利が高い金融機関を選んだとしても、金利をお得に活用する方法はあります。それは、無利息キャッシングを選ぶことです。無利息キャッシングとは、金融機関が新規利用者に向けたサービスです。無利息期間内に返済できれば、実質、利息なしで借入れすることができます。ただし、無利息期間を超えたら金利がついてきますので注意が必要です。

 

金融機関によって無利息キャッシングの内容に若干差はあるものの、基本的には同じです。この無利息キャッシングを利用すれば、多少金利が高い金融機関を選んでもまったく苦にはなりません。また、お金を借りる際の重要ポイントとして低い金利をあげましたが、金利は長期返済になるほど負担になるものです。つまり短期間で返済できるのなら、多少高い金利は必ずしも負担とはいえません。お金を貸してくれる金融機関は消費者金融だけではありません。自分の借入れ状況を見極めて、自分にあった金融機関で申し込みをしてください。

悩む女性画像

今すぐお金が必要な場合には、どうしたらすぐにお金が手に入るかを考える必要があります。一番確実なのは労働なのですが、この場合に大事なのは、給与をその日のうちに受け取れるかどうかです。一般的に給与というのは翌月支払われることが多く、その場合ですと急いでお金が必要な場合には意味がありません。現在では日雇い派遣が制限されていますので、そういった意味では今すぐお金が必要な場合に仕事をするというのはなかなか難しいのが現状です。その他にはお金を借りるということが挙げられます。お金を借りると言っても親や友人に借りられれば問題ありませんが、実際には難しいと思いますので、その場合には消費者金融で借り入れを行うのが一般的です。現在では消費者金融でお金を借りる事は珍しくなく、借入金額や返済額の相談にも応じてくれますので、一度相談してみるのも良いと思います。その場合には、金利が一番安いところを探しておく必要があり、金額によっても金利が違う会社も多いため、借入金額を決めたうえで金利の比較をする必要があります。

 

また、不動産を所有している場合には、不動産担保ローンが利用できます。

 

ローンというと審査があって時間がかかるというイメージがありますが、それは金額によりますので、明らかに不動産の評価額より少ない融資額を希望している場合には、審査もスムーズに行われることが多いです。今すぐお金が必要な場合には、こうした様々な対処方法がありますので、色々と検討してみると良いと思います。消費者金融でお金を借りる前に、銀行で借りれるかも同時に調べておくといいでしょう。

怒る_mark女性画像

仕事やプライベートで、急にお金が必要になった。などのシーンに遭遇するかと思います。潤沢な蓄えがあれば心配はありませんが、誰もが余裕のある生活をしているわけではありません。このように、今すぐお金が必要な時の注意点を考えてみたいと思います。まずは簡単にお金が借りれるからといって、怪しげなヤミ金などからお金を借りてはいけません。例え、電話一本にお金を振り込んでくれたからといっても、返済する時には法外な金利まで支払う必要があります。更に返済が滞ると、金利はますますかさみ、ヤミ金業者は執拗に返済を迫ってきます。このような最悪の事態を避けるために、お金を借りる際には業者選びは慎重にしたいものです。次に、今すぐお金が必要な時の注意点として、借りた後の返済計画でしょう。きちんとしたローン会社から、適正な金利でお金を借りたとしても返済しなくてはなりません。

 

今の収入で、しっかり返済できるかどうか計画を立てて借りることが大切です。銀行やローン会社でも低金利でお金を貸してくれたり、早くに返済すれば無金利などの嬉しい特典のある会社もあります。返済計画を立てて、お得に利用してみてはいかがでしょうか。また、友人、知人、親戚からお金を借りた場合には、借りすぎて返済できないと途端に、人間関係にヒビが入ります。大事な人間関係を壊さぬように、なるべく多額のお金を借りるのは避けるべきでしょう。お友達間でお金の貸し借りをするよりも、消費者金融で借りてすぐ返すようがリスクが低い場合があります。今すぐお金が必要な時の注意点をよく念頭におき、お金は正しく借りて、期限内に必ず返すようにすることが大切です。

お金を借りるのに必要な審査とは

お金借りる時に必要な審査とはとおっしゃられた場合、なりよりも大切なのは年収と企業場所が挙げられます。消費者金融は、お金を貸すというキャッシングのために、相手側が貸すに値するかを調査します。ですので、所持金がないなど貸しても返済されないだろうと判断された場合、審査に通ることはまずありません。また年齢も重要視されます。働き盛り、つまりは30から40台の方にかけて審査は通りやすくなります。職も安定し、年収もそこそこある。こういった場合は、ほぼお金借りる際に落とされることはないでしょう。最後にお金借りるにあたって、何度もお金の返済の期限が遅れているような方は準ブラックリストに載るので注意が必要です。もしもそういったことが何度も続くようであれば、お金を借りることができなくなることもあるのでくれぐれもお気をつけてください。

 

消費者金融とは、文字通り消費者のための金融機関。もう少しわかりやすく言うと、なにか消費財を買うとかショッピングなどの目的でもお金を借りることができるということです。しかし、そこの必ずしも定義はありません。返すあてのない消費者にはお金は貸せないと言うとこもありますし、消費目的でなくてもお金を借りることができます。大手金融機関の他に、小さな消費者金融があります。いわゆる街金や金融屋と呼ばれるものです。これは大手消費者金融と違って、お金を借りれる基準としては借りる側に返すあてがあるかどうかを見てきます。それがなければお金を融資してくれません。ただし、金融屋では保証人や担保をつけることによってお金を借りるとこができます。

借金は誰もが経験する事

借金とは金額の多い少ないを問わず、誰もが経験すると思います。例えば自動車や家電、家などを買う時や、手持ちのお金がなく友人に借りるなど、その事例は様々です。借金というとマイナスのイメージが強い言葉ですが、現実に借金をしなくては出来ないことが多々あります。問題は、その借金によって生活が圧迫されずに過ごせるかどうかで、プラスとマイナスのイメージが全く違うということだと思います。マイナスのイメージの代表例といえば、借金を返済するために借金をするということでしょうか。収入に対して支出が大きすぎて借金を返済することができず、かといって支払いを遅延してしまうことを避けるために、更に別の借金をしてしまう。このような悪循環はどこかで断ち切らなくてはなりません。もし、このような悪循環で苦しまれている方がいらしたら、自分一人で解決しようとせず、すぐに弁護士などに相談して一刻も早く悪循環から抜け出してみてください。

 

考える女性画像

先述の通り、借金をしなくてはならない場面は誰にも訪れます。家を建てたり、マンションを購入したりする時、一括で現金払いをすることができる人よりも、ローンを組んで購入する人の方が多いと思います。この逃れられない借金をより良い形にするにはどうしたらいいのか考えてみました。例えば、今後家を建てる予定の方は増税の前に動いた方がいいです。税率が5%から10%になるだけで、2倍以上もの税金を納めてしまうことになります。また、現在ローンを組んで返済されている方は、利息についてしっかりとご理解されているでしょうか。最近低金利の銀行ローンなどが増えてきているので、もし現在のローンより金利が安く抑えられる・信頼できるローン会社が見つけられれば借換えをして支払う方が最終的な支払い額が大幅に抑えられます。また、借換えの際に、キャンペーンなども実施しており、キャッシュバックや商品券などを配布するなどのプレゼントを受け取ることもできる時もあるのでお勧めです。

 

このように、借金とは多くの人にとって切り離せない問題です。しかし借金とは全てが悪いわけではなく、上手く活用することができれば、決してマイナスのことばかりではないということもいえます。切り離せない問題だからこそ、真直ぐ見据えて上手に回すことができるようにしましょう。

消費者金融当サイト申込み数ランキング
1位 モビット 借入利率4.8%〜18.0%(実質年率)
2位 アコム 借入利率4.7〜18.0%(実質年率)
3位 プロミス 借入利率4.5%〜17.8%(実質年率)
4位 アイフル 借入利率4.5%(〜18.0%((実質年率)

 

 

金融機関

審査スピード

最短融資時間

年利率

限度額

特徴

申し込み

モビット

最短10秒

最短当日

4.8%〜18.0%

500万円

電話連絡なし

郵送物なし

WEB完結申込

申込みボタン画像 

アコム

最短30分

最短1時間

4.7%〜18.0%

500万円

最大30日間金利

申込みボタン画像

プロミス

最短30分

即日も可能

4.5%〜17.8

500万円


30日間無利息

申込みボタン画像

 ランキング4位画像 アイフル

最短30分

最短1時間

4.5%〜18.0%

300万円

年末年始も営業

申込みボタン画像

※10秒審査の結果表示は、事前審査による結果表示となります。

 

■銀行&消費者金融ランキング

指す女性画像

最近ではカードローンやキャッシングと呼ばれることの多い消費者金融ですが、競争が激しくなってきていて各社で即日審査・即日融資を大きく宣伝しているところも多いようですが、一度しっかり見てみると即日でお金を借りるには厳しい条件がある消費者金融もあるようです。各消費者金融によって条件がかわってくるので条件をよく確認することが大事です。消費者金融もたくさんあるのでどこが人気があるのかランキングを見てみることも大事かと思います。

 

まず一番人気があるのはアコムです。
最大30日間金利ゼロでお金を借りることができるそうです。申込からカード発行までの期間も最短で当日ででき、カードが届くまでの時間はかかってしまいますがインターネットでの申し込み後平日14時まで必要書類の提出をしアコムが確認完了するとカードが届く前に指定口座へお金の振込をしてもらえるようです。

 

次に人気なのはみずほ銀行です。
みずほ銀行に口座を持っている人であれば最短即日で融資が可能です。本人確認の書類も収入証明書の提出も不要で契約することが可能になっています。安定した継続的な収入が見込める20〜66歳未満の方も審査の対象になり、専業主婦でも配偶者に安定した継続的な収入があれば申し込みできます。ほかにもいろいろ金融会社がありますので、色々比較してみるよいいと思います。

消費者金融ランキング【2014年度版】

消費者金融即日融資比較ランキング

親指を立てる女性画像

消費者金融でお金を借りる際に、条件として重要視されているのがすぐにお金を借りられるのかということですよね。

今回は、即日融資が可能な消費者金融を比較してランキングにしてみました。

 

1位は、プロミス
2位は、アコム
3位は、モビット

 

これらの消費者金融は、事前にインターネット上で仮審査をして借入可能かどうかを調べることが出来ます。
審査時間も早いので15時くらいまでに申込みをしていると即日融資が可能となっていますよ。

 

消費者金融スピード審査比較ランキング

微笑む女性画像

1位はノーローン

本審査の時間30分。
丁寧ではあるが無駄がなく早く審査してほしい人にオススメ。
2位はプロミス
本審査の時間は40分。
事前に在籍確認が可能なので、時間を短縮させられます。
3位はアコム
本審査の時間は70分。
審査は長く感じるが丁寧な対応です。

 

兼業主婦向けの消費者金融ランキング
パートなどで収入のある兼業主婦の場合は、銀行と消費者金融の両方を利用することが出来るので選択肢が広がります。
消費者金融を利用したことがない方も多いことと思います。
ランキングとして紹介するので是非参考にしてくださいね。

 

1位は、レディースプロミス
2位は、レディースレイク
3位は、アコム
でした。
最近はレディース専用のキャッシングがあるので女性はレディース専用を選んで利用しているという方が多いとこのことでした。

 

専業主婦向けの消費者金融ランキング
通常キャッシングや借り入れは一定の収入があることが条件であり、働いていなければ審査に通りません。
しかし専業主婦でもキャッシングを利用することは出来ます。

 

消費者金融によっては専業主婦、フリーターでも申し込み、利用が可能ですが、銀行系も可能です。
現在銀行系キャッシングは増えており、消費者金融と銀行が合体してキャッシングカードを発行しています。

 

金利の低い大手消費者金融ランキング
消費者金融を利用する際に重要視される条件として挙げられているのが金利。
金利が低いところをランキングにしてみました。
1位は、プロミスの4.5〜17.8%(実質年率)
2位は、アイフルとレイクの4.5〜18.0%(実質年率)
3位は、アコムの4.7〜18.0%(実質年率)
4位は、モビットの4.8〜18.0%(実質年率)
でした。

 

大手ばかりが上がっていますが、TVCMや広告などでもよく見かけるプロミスは金利の低さも圧倒的ですね。
少ししか違わないように見えますが、少しでも金利は低い方が良いですよね。

 

もしお金を借りるということになるのであれば、必ずかかる金利は少しでも安く済んだほうが経済的にもいいですし、より便利に借りることができますよね。一般的には消費者金融の金利は高いと言われています。ですが消費者金融からキャッシングをする際、利用している期間が長く、返済も必ず行っていけばいくほど消費者金融への信頼力も高くなるので、キャッシングの限度額も高くなり金利も安くなる仕組みがあるようです。もちろん全ての金融業者に当てはまるわけではありませんが、大手と呼ばれる消費者金融のほとんどが限度額が高くなれば高くなるほど金利がやすくなる傾向にあるようです。

 

ですが出来る限り最初から金利が安いところで借りれたほうがいいですよね。モビットだと限度額が500万円、年利も4.8%〜18.0%と低金利でお金を借りることができます。モビットでは10秒で借入可能か結果がでるのでその日のうちにキャッシングすることも可能です。次に人気なのはプロミス、こちらはモビットに比べると年利が4.5%〜17.8%と低金利にはなるのですが、30日間無利息でキャッシングが可能ということでモビットの次に人気があるようです。計画的なキャッシングであれば30日以内に返済を済ませてしまえば金利ゼロでお金を借りれるのです。

 

消費者金融限度額比較ランキング
消費者金融の宣伝広告を見ていると金利のとなりあたりに借入限度額などというものが書かれています。見方によっては「こんなにたくさん借りることができるんだ」と思う人もいるかもしれないですが、書かれた限度額を借りることができるのはほんのごく一部の人しか借りることができないようです。具体的には大きな金額のお金を借りてもきちんと返済出来る人、また同じ金融機関で何度も融資を受けていてその度にきちんと返済が出来る人のみ借りられる金額が書かれているようです。

 

そんななか限度額を比較したランキングがあるのでご紹介します。

 

1位モビット
2位プロミス
3位アコム
となっています。
1位のモビットと2位のプロミスの利用限度額は500万円と同じ限度額になっていますが、モビットの場合だと金利が4.8%〜18.0%、プロミスは4.5%〜17.8%と2位のプロミスの方が利子も少ないようですが、10秒で結果がわかりその日のうちにキャッシングか可能とうたっており、その点でモビットが1位になったのではないかと思います。あとはプロミスだと30日間の無利息でキャッシングが可能ということですので、30日以内に返済を終了させれば金利がかかることなくお金を借りることができるようです。3位のアコムも限度額が500万円と上位2つの業者と同じなのですが、金利も4.7%〜18.0%と低金利で、全国のコンビニのATMと提携もしているので、お金が借りやすい消費者金融と言うことで3位のランクインなのではないかと思います。

 

■消費者金融住宅ローン比較ランキング

納得する_mark女性画像

住宅ローンを組むともなると、金額も大きくなりますから少しでも金利が安い消費者金融を選びたいですよね。

消費者金融の金利が安いランキングを紹介します。
これから住宅ローンを考えている方は是非参考にしてみてくださいね。

 

1位は、モビット 年利4.8〜18.0%
2位は、プロミス 年利4.5〜17.8%
3位は、アコム 年利4.7〜18.0%

 

となっています。
やはり大手消費者金融は、金利の安さをウリにしているようですね。

 

注意 即日融資の場合
プロミスは、平日14時までに契約完了して頂く必要あり
モビットは、14:50までの振込手続完了が必要で審査結果によっては、希望に沿えないこともあります。

 

☆消費者金融ランキングコラム☆

■アコム・プロミス・ レイク・アイフル以外でお金を貸してくれるところってあるの?
キャッシング業者といえば、どこを思い浮かべますか。有名なのは、アコムやプロミス、レイクやアイフルでしょう。街中にたくさん店舗があり、テレビCMも頻繁に行われています。有名企業であれば…>>>続きを読む