お金が足りないときはどんな時?

MENU

お金が足りないときはどんな時?

このフォルダでは、お金が足りないときはどんな時なのかを研究していきます。
お金が足りないときはどんな時がわかり次第、更新していきます。

 

当たり前のことかもしれませんが、確認しておきたいお金を借りる際の重要ポイントは、返済しなければならないことです。
だから、実質年率の安いところでお金を借りることができれば、何も言うことはないのですが、銀行など実質年率の安いところは、なかなかお金を貸してくれません。

 

銀行も商売ですから、消費者金融を買い取り、そこにお金を融資して実質年率の高いところで、お金を借りさせようとします。
住宅ローンや車のローンといった目的のあるものは、銀行でも借りることができますが、無担保でただお金が足りない状況では、実質年率の高いところからしか、借りることができない状況です。

 

だからお金を借りる際の重要ポイントは、きちんと返済できるかが大切だと思います。ちょっとでも余裕があれば、どんどん返済していくと余分な実質年率がとられることがないのでお勧めです。でもなかなか現実には、限度額が増えれば気を大きくなってしまい、財布のひもが緩んでしまうケースがあります。

 

借金の額って減らすのは大変ですが、増えるのはあっという間です。本当にムリのない計画性を持って返済しないと、自転車操業になってしまい、借金を返したと思ったら、またすぐに借りないと生活できないといったこともあります。

 

しかし、計画性を持ち、また安定的な収入があるのなら、やはり便利で借りやすいのでメリットがあります。でもお金を借りる際の重要ポイントである返済しなければならないことを常に念頭に置いておかないといけません。

 

消費者金融ランキングTOPページに戻る

日々の生活の中でできればしたくないのが借金ですが、突然の飲み会や家電の故障、冠婚葬祭などの理由でどうしてもお金が必要になった時、多かれ少なかれ借金をしてしまうことがあります。しかし、借金の基礎知識が何もないままお金を借りてしまうととんでもないことに巻き込まれてしまったりしますので、今現在借金をする予定がない場合でも万が一に備えて借金の基礎知識を正しく覚えておきましょう。最近ではキャッシングやカードローンなどというものもありますが、これらも言い方を変えただけでれっきとした借金になります。キャッシングやカードローンは比較的手軽にお金を借りることができるため、必要以上のお金を借りてしまうことがありますので注意が必要です。借金をした場合に必ず付きまとってくるのが利息です。利息には法律によって上限額が決められていますが、この利息以上の利息を請求してくる業者も少なくありません。また、上限以上の利息を請求してくる業者は悪徳業者の可能性が高く、トラブルに巻き込まれることも多くありますので、借金の基礎知識として利息がいくらかかるのか、またその利率はいくらなのかをしっかりと確認する必要があります。法外な利率を提示してきた業者とは絶対に契約をしてはいけません。また、お金を借りる場合には必要な分だけ借りるのではなく、返済が可能な金額を借りましょう。必要だからといって返済できないだけのお金を借りてしまうのは間違いです。また借りたお金の用途も明確にしましょう。利用先が生活費の補填の場合には絶対に借りてはいけません。生活費を借りる前に、現在の家計の見直しや収入の見直しをして無駄な借金をしないようにしましょう。

 

消費者金融比較ランキング.biz」トップページへ戻る

お金が足りないときはどんな時?記事一覧